2017年5月の記事一覧

スケアード・ストレート方式による自転車安全教室:5月30日 (火)

 シャドウ・スタントプロダクションのスタントマンによる自転車の交通事故の実演講習を行いました。
本校でも高校入学とともに通学で自転車を使う機会が増えた生徒が多くいます。自転車と車の衝突や、自転車と歩行者の接触事故を実際に見ることで、事故に遭わない・遭わせないためにはどのような乗り方をしていけばいいのか、よく考える機会になったのではないでしょうか。


実際に実演の自動車に乗った先生と生徒の感想

先生の感想

 私は、普段から自転車を利用しています。今回のスケアード・ストレートでは、自動車に乗り自転車に衝突する事故体験をしました。想像していたよりも衝撃が強く、フロントガラスが割れたことに驚きました。もし自分が自転車の立場で事故に巻き込まれたら、命を落としかねないと思いました。今回のような事故に遭わないよう、交通ルールを守り、安全運転を心掛けましょう。

生徒の感想

 私は、あまり自動車の速度の感覚ががわからないので、40km/hと聞いても、そこまで速くないのではと感じました。しかし、実際に自動車に乗って体験してみると、思っていた以上に速く、自転車にぶつかった時も、ものすごい衝撃でした。
 ニュースなどで見る衝突映像はほとんどが故意ではなく、自動車の運転手や自転車に乗っている人の不注意で大変な事故になってしまいます。 そんな悲しいことには絶対ならないように、自転車の運転中も絶対に気を抜いてはいけないと感じました。

スケアード・ストレート方式による自転車安全教室

学問の世界:5月27日(土)

 平成29年度の特別講座第一弾として「学問の世界」が開催されました。今年度は17分野の専門家をお招きし、普段の学校の授業とは一味違う専門的な学問の講義が行われました。学問の世界は、生徒が自分の興味のある分野2講座を受講し、各学問分野の内容や魅力を知ることで、自己の適性を理解し、進路選択についての手がかりを得ることや、総合的な学習の時間での探究学習を深めることを目的としています。

生徒の感想

 私は「心理学の世界」を受講しました。もともと心理学という学問に興味があったので、とても楽しみにしていました。内容は『怒りについて』です。主題である怒りに関する講義もとても面白かったのですが、それ以上に「ひとつの絵を見るのも、その前に見た絵に影響される」という体験形式の講義が面白く、印象に残りました。直前に見た絵によってその後に見た絵が表しているものが変わって見えるのです。ひょっとしたら、自分でも気がつかないうちに他人のことを少しのイメージで決め付けているのかもしれません。
今回の講義を受けて、自分が怒る前に相手が何を考えているのかを意識して行動したいなと思いました。先ほどの絵のように、自分ではそうだと思っていても、相手の行動目的は違う可能性があるのです。そしてそれは、親しい友人に対してでも同じことだと実感しました。今回の「心理学の世界」で習った内容を今後の進路選択や学業、日常生活に役立てていきたいです。

学問の世界

PTA三団体総会:5月13日(土)

平成29年度PTA・教育振興会・放課後活動後援会三団体総会が開催されました。宮城野高校のPTA活動は大変活発で、保護者の方々が主体的に参加され様々な充実した活動を企画しています。年に一度の総会では、平成28年度の活動報告や会計報告がなされ、その後平成29年度の活動計画や会計案が提案されました。 これからの1年間、PTA役員の方々による様々な企画が運営され、生徒・保護者・教員が三位一体となって宮城野高校をより盛り上げていくものと期待しています。

PTA三団体総会01
PTA役員の方々により議事が粛々と進行していきます。
PTA三団体総会02
本年度の部長・主任の職員が紹介されました。