学校行事

 

ブログ

令和元年度(平成31年度)学校行事

土曜ゼミナール

 

 令和元年12月14日(土)に土曜ゼミナールを実施しました。土曜ゼミナールとは,総合的な学習の時間の一環として行っている行事です。様々な分野で活躍している方の講話や体験的な学習を通じて,生徒の社会的関心や問題意識の向上を目的としています。

 今回は「同時通訳の世界」と「応用数学(待ち数学)」の講義を受けた生徒に受講の感想を聞きました。

 

「同時通訳の世界」を受講した感想

 私は土曜ゼミナールで「同時通訳の世界」という講義に参加しました。講師の方のお話を通して,得られたものがあります。それは英語学習の大切さです。今までの英語の学習にとどまらず,『Shadowing』などの実際に実用的な英語学習方法を勧めてくださり,現代で重要視されつつある英語に対する学習の在り方、内容の理解がこの講義を通して深まり,新たに見直すきっかけにもなりました。

 今回の講義を受けて,また新たに英語への学習の一助になればいいと考えています。

「応用数学(待ち行列)」を受講した感想

 私は数学分野の講座を選択し,「待ち行列」について講師の方にお話を聞きました。私たちの身近に潜んでいる「待ち行列」について、スライド資料を使いながら詳しく説明してくれました。一つ一つの説明がとても丁寧だったので話の内容を理解しやすかったです。また,今回の講座の内容は普段の授業では学習しない内容だったので新しい発見や驚きをたくさん得ることができました。今回の貴重な経験をこれからの探究学習などで生かしていきたいと思います。

 

 

 

中学生美術実技講習会

 

 令和元年11月30日に、中学校3年生を対象とした実技講習会を開催いたしました。

 当日は県内各地から多くの中学生に参加いただきました。参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

遠足(1年次の報告)

 10月18日(金)に遠足が行われました。本校では修学旅行がありませんが,各ホームルームでアイディアを出し,計画を立てて遠足へ行きます。友情を深めたり,外部施設・公共の場でのマナーを学ぶ貴重な時間になっています。

 以下の生徒の感想は,遠足へ行った1年次のものです。

 

 私は,16HRで秋保森林スポーツ公園へ行きました。午前中は体育館でそれぞれスポーツなどをして楽しみました。先生方も一緒に,全員無邪気に楽しむことができて,良い時間を過ごせたと思います。

 お昼には備え付けの器具を使ってBBQをしました。野菜を焦がしたりしましたが,とても美味しくいただけました。

 午後には,外の遊具やアーチェリー,足湯や温泉などで思い思いに過ごせて心から楽しい時間となったなと思います。クラスメイトとの良い思い出にすることができました。

 

2年次東京宿泊研修

 10月17日・18日に本校2年次の生徒が東京へ研修に行ってきました。現代日本の先端を行く研究活動や社会活動の生きた姿に触れることで,各自の学問研究を深めることを目的としています。また,研修での学びを活かし,フロンティアタイムやプロジェクトスタディでの研究をより充実させていきます。

 以下、参加生徒の感想です。

 

 大学の先生から,研究テーマについてのアドバイスを沢山頂きました。インターネットで調べるだけではわからない知識も身につけることができました。より深くテーマについて学び,考えることのできる貴重な時間となりました。

 科学館の訪問では,科学と自然と人とのかかわりを体感することができました。私たちが普段の生活で科学や自然と密接に関係しているということを知り,とても不思議な気持ちになりました。

 2日間の宿泊研修を通して,普段の学校生活では味わえない貴重な経験を沢山することができました。この2日間の学びをこれからのフロンティアタイムでの活動や,将来の進路選択に活かしていけるようにしたいです。

 

 

日本美術研修旅行

 10月10日から美術科2年次の生徒が京都・奈良方面へ日本美術研修旅行に行ってきました。日本古来の美術に触れることで,豊かな想像力を育むとともに,様々な体験や京都市立銅駝美術工芸高等学校との交流を通じて,新たな発想力や美意識の向上を目的としたものです。

 以下、参加生徒の感想です。

 

 10月10日(木)~10月13日(日)の4日間,私たち美術科2年次は京都と奈良を訪れました。台風19号の影響で、3日目の自主研修は中止となり,帰りのJRにも大きな遅れがありましたが,無事に締めくくることができました。

 この研修旅行では,清水寺や東大寺などの2府県の美しい寺院を見学したり,京都市立銅駝美術工芸高等学校との交流会を行ったりしました。これらの活動から受けた多くのインスピレーションを今後の制作に活かしていきたいと思います。

 奈良では数多くの鹿と触れ合い,お土産をたくさん買い,みんな大いに楽しめた様子でした。今回の研修旅行では、美術の分野以外にも学べたことがたくさんあり,とても充実したものになりました。

 

美術科 スケッチ合宿

 令和元年8月6日から8日までの三日間,国立花山青少年自然の家にてスケッチ合宿を実施しました。

 

中学生実技講習会

 令和元年8月16日(金)中学生を対象とした実技講習会を実施しました。幸い台風10号の直撃を免れ,当日はたくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

 

令和元年度文化的行事「拍手喝祭~平静じゃいられない~」報告

 

令和元年度文化的行事「拍手喝祭~平静じゃいられない~」は終了しました。以下生徒の感想です。

 

◎人生初の文化祭では文ボラを中心に様々な形で生徒が関わり,協力し合って1つの大きなイベントを作り上げていました。みんなで楽しく盛り上がり,今年のテーマの「拍手喝采」そのものだったと思います。

 自分のクラスはアトリエで作品の展示と受け付けをしたのですが,来訪した沢山の人が自分たちで一生懸命制作した作品を楽しむのを身近で感じられ,充実した自分の役割を過ごせました。

 好きなことを追求できる宮城野ならではの空気を味わうことが出来ました。拍手喝采拍手喝采拍手喝采」そのものだったと思います。

 

◎初めての文化祭はとても楽しく、刺激的なものでした。

 特に、印象的だったのは模擬店に行った時の先輩たちの対応力でした。

 何か問題が起きた時、冷静に考え行動していた姿は頼もしかったです。

 私もこのような先輩になってみたいです。

 

◎「拍手喝祭~平静じゃいられない~」のテーマを掲げ、今年も文化祭が開催されました。

 当日まで様々なトラブルがおこったものの,当日は生徒・一般の人々ともに楽しむことができたのではないかと私は思います。

 文化祭は文化祭ボランティアあってのものです。来年度は私たちが中心になって文化祭を作っていくことになります。先輩方に続き「今年も宮城野の文化祭は楽しかった」と言ってもらえるような文化祭にしたいです。

 

 

職業人に学ぶ

 令和元年6月22日(土)に「職業人に学ぶ」を実施しました。

 各分野で活躍している職業人から,職業の内容や魅力,必要な資格や条件等についての講話を聴くことで,将来の職業選択の手掛かりを得るとともに,職業人が備えるべき職業観と勤労観を養うための時間です。

 

生徒の感想

 

今日の講義で人とのコミュニケーション、信頼が大事ということがわかりました。
私は、「保険・ライフプラン」のお話を聞きました。
ライフプランとは、簡単に言うと人が人生に困っているときにアドバイスをする職業です。
その中で、アドバイスする人とのコミュニケーションと信頼関係が大切です。
他の仕事でもそれらは重要なので今からその力を高めていきたいです。(17HR 情報ボランティア)

 

 

私は今日の「職業人に学ぶ」で「アナウンサー・司会業の仕事」「水族館の仕事」の二つの講座を受講しました。どちらも身近に目にすることはあってもなかなか接することのできない職業であり、生の声を聴くことができる貴重な機会だったと思います。
仕事の内容だけでなく、その仕事をするにあたり必要な資格や勉強も知ることができました。
働くことの意味を改めて考えさせられた、有意義な一日でした。(17HR 情報ボランティア)

 

デッサン講習会

湘南美術予備校より講師の先生をお招きし、デッサン講習会を実施いたしました。

油画・日本画・彫刻・デザイン工芸の分野に分かれて、ものの見方や構図についてなどを改めて学ばせていただきました。二日間という短い時間の中で一枚を描ききることは大変なことですが、生徒たちは集中して取り組んでいました。

 

木炭デッサンの様子鉛筆デッサンの様子講評会の様子