お知らせ掲示板

令和2年度入学予定者(合格者)のみなさんへ

 予備登校の電子申請登録は本日(3/19)までとなっております。まだ登録の済んでいない方は早急に登録してください。QRコードは合格発表時にお渡しした書類の中にあります。

 なお、予備登校への合格者生徒参加の有無については3月23日(月)午後にこのホームページ上に掲載しますので、必ずご確認ください。

 この件に関して不明な点がある場合は予備登校担当者(郷右近、遠藤)までお問い合わせ下さい。

省エネ政策提案型パブリックディベートコンテスト優勝

 1月12日(日)に東北大学(川内北キャンパス)で開催された「省エネ政策提案型パブリックディベートコンテスト」(主催:東北経済産業局)において、本校(ディベート・サークル)が、決勝戦で仙台一高を破って、優勝しました。

 この大会は、「省エネルギーと豊かな生活を両立するライフスタイルの普及を実現する政策」を、対戦する2チームがそれぞれ提案し、意見交換を経て、よりよい政策にしていく討論です。東北地方では今回初めて開催されました。青森・岩手・宮城・山形・福島の東北5県から中学校6校と高校8校のチームが集まり、中学生の部・高校生の部それぞれで、トーナメント方式で試合が進められました。

 本校は、1年生2名と2年生1名の計3名のチームで試合に臨みました。「一般家庭における使用電力の6%を占めるとされる待機電力を半減するため、部屋ごとの使用電力量・料金・過去との比較を表示できるパネルを1軒に1台設置するとともに、今後の新築家屋には、どうしても待機電力が必要な家電専用のコンセントXの新設を義務づけ、外出時にはコンセントXを除いて全通電を簡単に切断できる仕組みを導入する」という政策を提案しました。節電の意欲を全国民に喚起できるメリットなどが評価されて、連勝しました。

 今回のディベートは、対戦する両チームが互いに問題点を指摘しあい、よりよい政策に高める姿勢で取り組む点で、従来の典型的なディベート試合とは異なっており、そのためか、いずれの試合も和やかな雰囲気で行われました。決勝戦の勝敗は会場に集まった聴衆による投票で決まり、宮城野高校チームは6割の票を集めました。

 全試合が終了した後は、省エネの専門家も交えてオープンな談話の時間が設けられ、中・高の垣根を越えた建設的な意見交流が活発に行われて、たいへん実り多いイベントとなりました。

 応援していただいた皆様、ありがとうございました。

※1月13日(月)河北新報朝刊にも記事掲載あり
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202001/20200113_13022.html

宮城野高校 創立25周年記念事業「美術科卒業生作品展」作品募集期間の延期について

 

 本校創立25周年記念事業の一環として,「美術科卒業生作品展」を開催いたします。

 本校美術科,または総合学科美術系列を卒業された方を対象に,展示作品を募集いたします。作品募集については要項をご覧いただき,お申し込みください。

 

展示期間:2020年10月30日の前後で,約1ヶ月間を予定

出品条件:本校で展示することのできる大きさのもの

展示場所:宮城野高等学校内(エントランスギャラリー,通路壁面など)

※普通科・総合学科の卒業生で作品応募を希望される方は,ご相談ください。

 

その他、詳細についてはこちらから⇒25周年 美術科卒業生作品展 募集要項(延長).pdf

美術科 ボランティア参加

 夏季休業中に高砂小学校での「万華鏡づくりボランティア」と田子児童館・田子中学校との連携で行った「共同画制作」に美術科生徒が参加しました。以下,参加生徒の感想です。

 

◎万華鏡づくりボランティア

 「当日は髙砂小学校のみなさんの協力もあり,スムーズに進めることができました。みんな丁寧に万華鏡を作っていたので,完成したものはどれもきれいでした。宮城野高校の美術科の生徒として,活躍できてよかったです。」

 

◎共同画制作

 「地域のボランティアに参加したのは初めてでしたが、みんなで話をしながらにぎやかな作品をつくることができました。小中学生と仲良く制作できて、とても楽しかったです。」

 

 

 

「中学生美術実技講習会」に参加予定の皆さんへ

 明日予定している,中学生美術実技講習会は予定通り開催します。来校する
中学生の皆さんは,気象状況や交通状況等に気を配りながら,十分気を付けて来
校してください。
 また,気温も上昇すると考えられるため,飲料等の準備も忘れずにお願いします。