美術科長挨拶

美術でつくるミライ(美術科長 細川憲一)

このページを読んでいるあなたは描くことやつくることが大好きではありませんか?人は感動があって初めて動き出します。美しいもの、心惹かれるものを求めて自分の手の中から作品を生み出す活動はテクニックだけではなく心、完成の両面を磨くことに繋がります。自分の中に眠っている可能性を信じ、未来へと羽ばたいていく力をここ宮城野で一緒に育てていきましょう。美術科は可能性に満ちたみなさんを最大限、応援していきます。

美術科での学び

「専門学科を学ぶ」ということ。それは自分自身への挑戦です。

新しい美術科ではみなさんのその「挑戦」を全力でサポートします。

美術科3年間のプログラム

洋画

洋画専攻では、油絵の具の様々な表現を学びながら絵画制作を行います。卒業制作では大作に挑戦します。自分なりの表現で絵を描けることの楽しさを実感することができます。

日本画

岩絵具のざらざらとした質感、不思議なにじみ妙味。多くの自然素材を原料とする日本画は、画材そのものが面白い魅力で溢れています。伝統的な技能の学習はもちろん、これらの画材の魅力を肌で感じ、楽しみながら描く中で新しい日本画の絵画表現を模索していきましょう。

彫刻

彫刻は作りたいものをよく観察しながらアイデアをまとめます。粘土や木などを工夫しながら様々な材料を使用します。世界に一つしか無い立体作品を作っていきます。

ビジュアルデザイン

デザインは日常生活の中の疑問や問題を見つけ、アイデアを出し合いながら解決方法を考え、人々が幸せに生活できるような社会を作り上げていくことです。みんなで楽しみながらデザインをしていきましょう。

クラフトデザイン

工芸では木工や陶芸・染色など作品制作を通して、材料の特性や各種技法に触れながら制作に取り組みます。2年次から様々な制作経験を通して3年次で卒業制作のテーマを決めて制作します。

素描

本校では基礎造形力を身につけるために、素描は全ての年次で学習します。静物デッサンでは物と物との位置関係や、基礎形体の捉え方、質感の表現方法等を学びます。石膏デッサンにおいては、人体の構造量感の出し方、明暗の表現方法を身につけるためにじっくり観察し仕上げます。

構成

1年次は各種専攻の基礎を身につけます。絵画や彫刻、デザイン、工芸の分野を個別に学ぶことでここの興味・関心を発見することができます。そして2年次から5つの専攻に分かれ、それぞれの知識や技術、表現を深めていくことができます。

ブログ

美術科TOPICS

美術科1年次 リキテックス講習会

 アクリル絵具の代名詞ともいわれるリキテックスを製造・販売しているバニーコルアート株式会社さんによる「リキテックス講習会」が、美術科1年次を対象に行われました。
 リキテックスは、沢山の種類があり、絵画やデザインの分野だけではなく、様々な分野で幅広く活用されているアクリル絵具です。その使い方を一つ一つ体験学習することで、特徴や特性を生かしたより楽しい作品制作につながることでしょう。

宮城野高校 美術科 デッサン実技講習会

 6/1(土)~2(日)にかけて、湘南美術学院から講師の先生をお招きし「デッサン実技講習会」を開催しました。美術科以外の普通科の生徒達も参加し、物の見方から形の捉え方など、先生の実演を交えながら、木炭デッサンや鉛筆デッサン、模刻の実技指導を受けました。1年次は、4月に初挑戦した「パルテノン首像ラボルト」から「ボルゲーゼのマルス胸像」へ2回目の木炭デッサン挑戦となりました。2年次・3年次は、美大受験を意識しながら各コースに分かれて、より専門性の高い実技指導を受けました。
 参加した生徒達は、限られた時間の中で集中し、とても熱心に取り組んでおりました。講評会では沢山のアドバイスを頂き、今後の更なる技術向上につながることでしょう。


美術科1年次 初めての木炭デッサン!

 美術科1年次(30回生)は、4/19(金)~20(土)に、初めての木炭デッサンに挑戦しました。大高連携事業の一環として、東北生活文化大学 美術学部 美術表現学科 教授 鈴木 専先生と准教授 立花 布美子先生をお招きし、美術科1年次デッサン実技講習会を開催しました。
 入学後の間もない1年生にとって、石膏像の描き方や木炭の使い方など、初めての挑戦だらけのデッサンに、生徒達はとまどいながらも、粘り強くしっかり描き込み、頑張っておりました。先生からもお褒めの言葉を沢山頂くことができました。

2024学校公開ポスター選考会を行いました。

 本校では毎年、学校公開ポスターを作成し、多くの中学校へ配布し、掲示していただいております。今年もその選考会が5月25日(土)に行われました。
 ポスター制作には、美術科2・3年次ビジュアルデザイン専攻の生徒が授業で取り組み、完成作品を全員で審査し、互選した6作品をPTA役員会で選考していただきました。PTA役員の皆さんの前では、緊張するプレゼンテーションでしたが、自分の作品について、堂々と説明することができました。

完成したポスターは、後日各中学校へお送りします。ぜひお楽しみに!!

美術大学 特別授業

 武蔵野美術大学から、油絵学科・教授の丸山直文先生、多摩美術大学から、彫刻学科・准教授の木村剛士先生、統合デザイン学科・准教授の菅俊一先生をお招きして、本校美術科生を対象に、特別授業を行っていただきました。丸山先生の「オノマトペを描く」、木村先生の「なぜデッサンを描いているのか?」、菅先生の「見るための方法」と題した特別授業に生徒達は、とても興味深く取り組んでいました。また、入試を念頭においた実技指導やアドバイスや、宮城野生の作品講評なども併せていただきました。
 木村先生は本校美術科のOBでもあり、生徒達の興味・関心も高く、意欲的に取り組んでおりました。

第85回河北美術展 入賞&入選

 2024(R6)年5/2~8に開催された「第85回河北美術展」において、本校 美術科の生徒作品が、東北福祉大学賞を受賞しました。また、5名の作品が入選となり、高校最多の入賞1・入選5として、河北新報にも掲載されました。他にも、15回生や22回生の卒業生も入賞されました。おめでとうございます。(第85回河北美術展HP)


仙台放送と宮城野美術科コラボレーション!

仙台放送と宮城野美術科コラボレーションさせていただきました。

作品タイトル:「 夏のたそがれ 」

作品コンセプト:過ぎし青春の日々
振り返ることはできても同じ時には二度と戻れない
そんなやり場のない儚さを抱えながらも
まだ誰も届かない明日へ 強く、たくましく向かっていこう
そう、それが夏のたそがれなのです。

 約3ヶ月に渡って制作させていただきました。夏に灼熱のアトリエで尾形さんにモデルになっていただきデッサン、その後、彫刻専攻でモデリングし、半身像の制作にあたりました。

 貴重な機会をいただき、充実した取り組みができました。尾形さん、英孝さん、ありがとうございました!

仙台放送 かのおが便利軒 No.224
仙台放送 かのおが便利軒 No.213
仙台放送 かのおが便利軒 No.207

第2回 宮城野高校美術科デッサン実技講習会

 金曜日の放課後から土曜日にかけて、湘南美術学院から講師の先生をお招きし、今年度2回目となる「デッサン実技講習会」を開催しました。美術科以外の生徒達も参加し、物の見方から形の捉え方など、先生の実演を交えながら、木炭デッサンや鉛筆デッサンの実技指導を受けました。
 参加した生徒達も、限られた時間の中で集中し、とても熱心に取り組んでおりました。講評会では沢山のアドバイスを頂き、今後の更なる技術向上につながることでしょう。

 

第76回宮城県高等学校美術展

 「第76回宮城県高等学校美術展」が、令和6年1月13日(土)から1月17日(水)まで、せんだいメディアテークにて開催されました。県内75校の高校生による684点(美術作品457点、ポスター作品227点)の作品が展示される大きな展覧会となりました。
 宮城野高校美術科生が出品した作品は、優秀ポスター賞3作品、優秀賞7作品、奨励賞3作品の合計13名の作品が受賞しました。おめでとうございます。さらに、優秀賞を受賞した2名の作品が、宮城県代表作品に選出され、来年度開催の「第48回全国高等学校総合文化祭 清流の国ぎふ総文2024」へ出展される事になりました。おめでとうございます。

 これまでの開催会場であった「宮城県美術館 県民ギャラリー」が、令和5年6月より改修工事による休館となったため、今回から「せんだいメディアテーク 5Fギャラリー」での開催となりました。広くなった会場のおかげで、ゆとりをもって作品鑑賞ができる展覧会になりました。



 最終日には、授賞式が行われ、賞状伝達・審査委員長より講評を受けました。その後、講評会が行われ、美術の教員から個人的に講評をもらい、今後の制作活動に活かしていきます。

生徒応募作品 受賞・入選 報告(令和6年1月)

・令和7年 秋 に宮城県で初開催する国民的な緑の祭典「第48回全国育樹祭」を象徴する「シンボルマークの募集」に応募した作品が、佳作(美術科2年)に選ばれました。全国から応募されるなかでの、入選おめでとうございました。(宮城県HP)

・国立科学博物館筑波実験植物園が、毎年開催している植物画コンクールにおいて、今年度の「第40回植物画コンクール」では、本校美術科2年生2名の作品が、【中学生・高校生の部】準佳作の入選を果たしました。全国から113校678点の応募された中での入選、おめでとうございます。(国立科学博物館・筑波実験植物園HP