保護者の皆様へ 中学生の皆様へ 卒業生の皆様へ 在校生の皆様へ

新着
本日午前には「職業人に学ぶ」午後には猿橋賞を受賞された梅津理恵先生の講演会を行いました。梅津先生の講演会の様子は、東北放送午後6時30分からのニュースで放映されます。ぜひご覧ください!
  もう週末。でも本校は明日も登校日。恒例の「職業人講話」があります。明日は、16名の職業人の方々から講話をいただきます。生徒は、自分の好きなところを二つ選んで、一回目の講話の時間と二回目の講話の時間に聴講することになります。ぜひ自分のキャリアデザインの参考にしてもらえばと思います。本校OB・OGの方々も複数いらっしゃるようです。現在、教育実習生が来ていますが、考えてみれば実習生は、職業人ではないですが、りっぱなOB・OGです。ぜひいろいろと大学選びの参考に話を聞いてほしいと思います。今日も廊下を生徒と談笑しながら歩いて行く実習生がいました。とてもほほえましく、たのもしく思えました。ぜひ将来本当に教員になって母校に戻ってきてほしいと思います。  ところで、明日は午後から東北大学の梅津理恵先生の講演会もあります。これは体育館で全校生徒対象です。25周年記念プレ事業として、実施します。梅津先生は、先月、日本の若手の優秀な女性科学者に贈られる「猿橋賞」を受賞されたばかりです。その先生の、受賞後初めての講演を本校でやっていただきます。他校からも聴講に来ます。  梅津先生からは、ご自分の専門の話...
本日から、本校では教育実習がスタートしました。6名の実習生のみなさん、ようこそ。母校での教育実習ということで、恩師の先生も少なくない中で、少しばかりプレッシャーもかかるかと思いますが、最後までがんばってほしいと思います。今日は、早速各分掌担当から、講話を多数もらったようです。すごいですね、メニューが。半端でないです。このへんを平気で課してくるのが、母校の「良い」ところですね。恩師である方々は、情け容赦なしできますので、へこたれず、がんばってほしいと思います。ここで学んだことは、どこの分野でも、必ず役に立ちます。 さて、今日は、美術科の夏休み中のボランティア活動の依頼に、閖上の公民館にもお邪魔してきました。これまで「さいかい市場」とか「美田園の仮設住宅集会所」で実施してきたものです。閖上の新しい公民館は、すごいモダンな作りで、機能性も高く、ワークショップ等を実施させてもらうには、とても素敵な場所であると思いました。美術科のみなさん、ぜひ積極的に参加をお願いします。 午前中は昨日に引き続き、中学校訪問。その帰り、四時間目頃に学校に到着したら、どこの教室でも定期考査の答案返却。神妙な顔をし...
 昨夜は、満月。帰りが少し遅くなったので、気づいたときは、もう満月は天空に移動。雲間からはっきりと満月が見えたのはよかったのですが、あとで確認したところ、6月の満月は「Strawberry Moon(苺月)」という名前がつけられているそうです。夏至の頃は月が低く昇るため大気の影響を受けやすく赤みがかることが多いので、赤い苺と結び付けたとのこと。残念ながら、昨夜はすでに天空にあったので、赤みがかったお月様を見ることはできませんでした。ストロベリームーンには「好きな人と一緒に見るとその人と結ばれる」というロマンチックな言い伝えがあるとか・・・定期考査最終日の勉学で、みなさんは、とてもそれどころではなかったですよね。  さて、本日はその定期考査最終日。みなさんが一生懸命問題に取り組んでいるところ、小生は、今日から中学校訪問を始めました。中学校の先生方は、とても協力的で、小生の質問に丁寧に応えてくれました。びっくりしたのは、二つ目の学校です。玄関を入るとほぼまっすぐのところに三年生の教室。そして、そこでも定期考査中。中学生も実に真剣に取り組んでいました。玄関先で「こんにちは」と大きな声で挨拶したので、たぶん...
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}

お知らせ掲示板

6/22(土) 創立25周年記念プレ事業 記念講演

本日午前には「職業人に学ぶ」午後には猿橋賞を受賞された梅津理恵先生の講演会を行いました。
梅津先生の講演会の様子は、東北放送午後6時30分からのニュースで放映されます。ぜひご覧ください!

高校生模擬裁判大会に参加しました

3月29日(金)午後、仙台地方裁判所をメイン会場に、「第2回高校生模擬裁判大会in仙台」(主催:仙台弁護士会、共催:仙台地方裁判所・仙台地方検察庁)が開催され、本校の1年生有志3名が参加しました。


 このイベントは、宮城県では昨年に続いて2度目の開催で、県内6つの高校から参加がありました。題材となる事件の資料(警察官による捜査記録や容疑者の供述調書など)を事前に読みこみ、担当弁護士の支援を受けながら約2ヶ月間の準備を経て、仙台地方裁判所の実際の法廷で、検察官(あるいは弁護士)として有罪(あるいは無罪)の主張を行い、本職の法律家チームから判決を言い渡されるという企画です。
今回題材となった事件は、殺人犯を蔵匿したという事件で、本校は抽選で弁護側を担当しました。もともと決定的証拠が乏しく弁護側に若干有利と思われましたが、検察側を担当した宮城一高生もしっかり準備をしていて、互角の論戦となりました。判決は「被告人無罪」の弁護側勝利でした。
模擬裁判終了後に弁護士会館で行われた検討会では、審査員役の弁護士・検察官・裁判官から、検察側・弁護側双方の主張を評価するコメントがたくさん出されました。また本校の生徒たちの奮闘ぶりにも賞賛の声が寄せられました。
 

 今回のイベントは、根拠に基づいて論理的に思考し分かりやすく発表する力を磨くという意味で、将来法律専門家をめざしている高校生はもちろん、そうでない生徒たちにとっても貴重な学習機会になっただろうと思います。
 

 準備に当たられた弁護士会の皆さん、企画に賛同し協力いただいた検察庁と裁判所の皆さんには大いに感謝したいと思います。ありがとうございました。

 

第30回読書感想画中央コンクールで文部科学大臣賞受賞!

  美術科3年次、岩渕伶奈さんが「第30回読書感想画中央コンクール 高校・指定読書の部」において、最高賞にあたる文部科学大臣賞受賞を受賞した。岩渕さんは、北極やエベレストなどをフィールドに活躍する冒険家で写真家の石川直樹さんのエッセー「極北へ」を読んで応募した。このコンクールには、全国の小中高校から約65万点の応募があった。
 2月22日に東京如水会館で行われた表彰式に参加し、来場した作家石川直樹さんと直接お話する機会もあった。

 

第71回宮城県高等学校美術展 受賞結果

第71回宮城県高等学校美術展において、県内509点の作品が集まる中、本校生徒の作品が5点優秀賞受賞、2点が奨励賞受賞という結果になりました。

 

優秀賞

洋画2年次1名、ビジュアルデザイン2年次1名、彫刻2年次1名、陶芸1年次2名

奨励賞

洋画2年次1名、日本画2年次1名

また、優秀賞の陶芸1年次の作品が、全国総合文化祭佐賀総文2019の宮城県代表に選抜されました。

 

第71回宮城県高等学校美術展は宮城県美術館県民ギャラリーにて1月23日(水)〜1月27日(日)まで開催されます。