学校行事

学校行事

体育祭が開催されました!

令和6年5月16日(木)、17日(金)に体育的行事が行われました。

デジタルプロモーションスタッフの生徒達からの写真とコメントです。

 

<2年次>

○体育祭は二年生が主体となって運営を行います。何ヶ月も前から計画を立て、スムーズに進行出来るように準備をして当日を迎えます。運営をしながら合間を縫って自分の競技に参加するので、負担は大きいですがやりがいがあります。

 

○宮城野高校では、今年の体育祭もドッジボールやバドミントンなど、他校ではあまり実施されていない競技が多く、また、選手宣誓のポーズにも形式に囚われない自由さが垣間見え、とてもユニークで面白い印象を強く受けました。私自身は今回、特に運営に関わったわけでは無かったのですが、当日に校内各所を巡っていて、学生たちが学年に関係なく笑顔で楽しんでいる姿や、学級内でも「お疲れ様!」とハイタッチする様子を多く見たことにより、心理的な隔たりの無さとチームワークの強固さを実感しました。

 全校生徒の皆さん、雨天の中での開催でしたが、大変お疲れ様でした。来年もきっと、素晴らしい体育祭にしましょう。

 

 

 

 

 

 

○1日目も2日目も雨が降っていたけれど、スケジュールの変更に対応しながら皆一生懸命に楽しんでいました。選手全員を応援し、勝利したチームには全員で拍手を送りました。

○2年生では、運営をして皆の楽しい体育祭を作った人や、体育祭を全力で楽しんだ人などなど…人それぞれ体育祭を満喫していた様子が見られました。体育祭で、おしゃれをしている生徒も多く見られました。これは校則が無い宮城野高校ならではではないでしょうか。体育祭中は時々天気が不安定でしたが、リレー競技の時は外で応援できる天候でした。神が微笑んだのでしょうか。

<1年次>

○1年生は初めての体育祭でしたが、2年生、3年生と同等にやり合うことが出来ていたのではないかと思います。どの試合も最後まで汗を握るような戦いが繰り広げられていました。11Hの黒板は、どこのクラスにも負けないくらいの賑やかさなのでは無いでしょうか。1日目、2日目共に無事に終えられることが出来て良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

○入学してから初めての大掛かりな行事でワクワクしながら挑みました!どこの会場も歓声が聞こえ、とても盛り上がっていてそれぞれクラスの仲が深められたと思います。私は美術科なのですが、昼休憩中では黒板にそれぞれ好きなキャラクターなどのイラストを描いて和気あいあいな空気が流れていました。クラスTシャツ以外でおそろいの物を身に着けたりしている人も見かけて、宮城野高校ならではだなと感じました。とにかく普通科も美術科も楽しめる最高の体育祭だったと思います!!

○私たち1年生にとって体育祭は、宮城野高校に入学して初めての大きな行事でした。先輩方がとても楽しそうに、それでいて本気で競技に参加している姿がとても印象的でした。おしゃれな服装の先輩が多く、来年はもっと見た目にも個性を出していきたいと思います。また、クラスメイトに応援してもらったり、共に競技に参加したりすることで親睦が深まったように思います。緊張はあったものの、とても濃い2日間でした!

<3年次>

○体育祭1日目は少し天候が荒れ、風が強かったりジメジメしていたりしたためか、少し盛り上がりにかけてしまいましたが、各ホームが全力を持ってぶつかり合うことができたと思います。2日目は快晴で、外での競技には多くの生徒が応援に駆けつけ、特に最後のホーム対抗リレーは白熱した試合となりました。3年生は今年が最後の体育祭となってしまいますが、無事完全燃焼できたのではないかと感じます。体育祭最高でした!!

 

 

 

 

 

令和5年度 第2回探究道場を実施しました

 12月23日(土)に本校にて第2回探究道場を実施しました。

 探究道場とは、本校生徒がスタッフとなり、探究活動に興味を持つ中学生のみなさんが意見を出し合いながら課題解決に取り組むという活動です。探究活動を通じた交流の場を構築することを目的に講義や実習を行うもので、昨年度からスタートし、今年度は今回が2回目の開催となります。

 今回は「転がしプロジェクト」と題し、タイヤを素材や形を工夫して制作することで、そのタイヤを取り付けた車の模型をできるかぎりゆっくりと坂を下らせることに挑みました。

 摩擦力や空気抵抗といった難しい内容が探究テーマでしたが、活動終了時間まで夢中で活動を続ける中学生が見られ、大変盛況でした。

 参加してくださった中学生のみなさん、保護者の方に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 探究道場は来年度も開催する予定です。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

 

学校部活動の地域移行に関する意見交換会

学校部活動の地域移行に関する意見交換会

東北放送ニュースリンクはこちら

11月30日(木)学校部活動の地域移行に関する意見交換会が、宮城県庁開催されました。

宮城県高等学校文化連盟会長である、早坂重行校長先生が出席されました。教員の働き方改革の一環として捉えることができる第一歩です。

本校には部活動はありませんが、宮城県高等学校文化連盟事務局として今後の展開に注目していきます。

令和5年度「第2回探究道場」のご案内

今年度第2回目の「探究道場」のご案内です。

本校の生徒がみなさんと一緒に探究テーマに取り組みます。
中学生のみなさん,ふるってご参加ください。
詳細はこちら(第2回 探究道場案内.pdf)をご覧ください。

開催日時:令和5年12月23日(土) 9:45~12:15(予定)

場所:宮城県宮城野高等学校

探究テーマ:「 転がしプロジェクト」

申し込み受付期間:令和5年12月1日(金)~12月15日(金)まで

申込み方法:下記申込ページからお申し込みください。

      https://forms.office.com/r/61fDE6itiN

 

「リラックスマインドフルネス~集中力アップ講座」が行われました。

11/10(金)宮城野高校放課後講座として「リラックスマインドフルネス~集中力アップ講座」を行いました。

秋田を拠点にマルチな活動をされている栗林聡子さんをお招きし、事前申し込みのあった生徒30名ほどを対象に実施されました。

受講した生徒からは、

「心の整え方について、実際体験しながら、知ることができた。自分なりに気持ちが整う方法を考えることもしてみようと感じた。ボディスキャンは是非ともやりたいと思った。」

「共テ前に聞けてよかったです。マインドフルネスで乗り越えます!!」

「今回のお話を聞いて少し目が潤んでしまいました…『自分が一番味方にならなきゃいけないんだな…』と感じました。」

などの感想が寄せられました。

栗林聡子さん、お忙しい中ありがとうございました。

 

   

  

公開授業研究会が開催されました

 宮城野高校では、11月8日(水)に「公開授業研究会」が開催され、他校からの参加者を含めて約80名の教職員が集まり、研鑽を深めました。

 研究授業は、「ICTを活用した学び」、「探究的な学び」、「教科・領域横断的な学び」の3系統で計9件でした。いずれの研究授業も入念に工夫されており、生徒たちが生き生きとした表情で学ぶ様子が見られました。

 午後は、元花巻北高校長・下町壽男先生をお招きしての基調講演と、午前中の研究授業に関する分科会が行われました。基調講演で下町先生は、①コンピテンシーとは何か~育てたい生徒像を共有する~、➁学校教育におけるウェルビーイング、③評価について、④主体的・対話的で深い学び、の大きく4つの柱でお話をされました。「教育のミッションは幸福度をあげること。生徒が主体的に学ぶためには対話の時間や、他者へのやさしさ(共感)を持つことが必要」という言葉が印象的でした。

 分科会は、研究授業の3系統に分散して実施されました。どの分科会でも活発な意見交換が行われました。

 

第27回宮城県宮城野高等学校卒業制作美術展「BOUQUET」

毎年恒例の卒業制作展が始まりました!

今年のテーマは「BOUQUET」。

「一人ひとりが一輪の花であり、私たちの個性を表しています。入学以来、日々積み重ねてきた努力がつぼみになり、ついに花開きました。そしてここ宮城野美術科でともに励ましあった仲間たちは大きくて華やかな花束になったのです。このテーマには今まで支えあってくださった方々にプレゼントできるようにという意味が込められています。」(テーマについて)

11月7日(火)~11月12日(日)(最終日は17:00まで)仙台市宮城野区文化センターにて、開催しています。ぜひご覧ください!!

令和5年秋の火災予防運動 宮城野高校×宮城野消防署 トリックアート「救出せよ」

11月9日(木)から15日(水)まで、秋の火災予防運動を行います。

 その取り組みとして、宮城野消防署と連携し、トリックアートパネルを制作しました。テーマは「救出せよ」。

 火災が発生した高層ビルを想定して、はしご車のバスケットから救助を行うシーンを描きました。実際に左側のバスケットに立ち手を伸ばすと、火災現場さながらのイメージが再現します。写真を撮影すると、炎や煙のリアルさがさらに臨場感を引き立てます。ぜひ皆さんも体験してみてください!

会場:仙台市宮城野区文化センター

期日:10月25日(水)~11月19日(日)

※KHB東日本放送の取材を受けました!

 映像はこちら!

 

株式会社グリーンハウザー50周年記念事業 宮城県宮城野高等学校PTA主催壁画アート制作

4月1日(土)から開始した壁画アート制作ですが、11月4日(土)に完成しました!

天候不良等で中止する場面もありましたが、全10回で完成することができました。

これまで参加継続してきた生徒ボランティアの皆さん、昼食等のお世話をしてくださったPTA役員の皆さん、全体サポートをいただいたグリーンハウザー社員の皆さん、本当にありがとうございました。

この壁画作品は、仙石線中野栄駅から多賀城駅の間、車窓よりご覧いただけます。

(株)グリーンハウザーのホームページ

 

探究発表会(ゼミフェス)が開催されました

<探究発表会(ゼミフェス)>

 本校では、昨年度10月に「未来構想ゼミナール」(以降ゼミ)を開講しました。生徒一人一人の興味・関心に添えるように4系統12分野に分かれ、各々が主体的に活動できるように講座が開設されています。そしてこの度、8月30日に、活動の集大成となる探究発表会(通称ゼミフェス)を開催しました。私たちが「ゼミフェス」と呼ぶように、発表の形態はそれぞれのゼミが工夫を凝らして特色を出せるように、極力縛りを外すようにしました。ポスター発表をするゼミ、パワーポイントで発表するゼミ、作品を展示して解説するゼミ、模擬授業を展開するゼミ、音楽を演奏するゼミ、演劇を披露するゼミというように、様々なスタイルで自分たちが探究活動を通して得た学びを視聴者に伝えようと努めていました。そして、他校5校を招待して発表をしていただき、視聴した生徒たちは刺激を得ていました。これからもお互いに切磋琢磨して、より高いレベルの探究学習を目指してもらいたいと思います。

今回のゼミフェスには、外部からお招きした6名の講師の他、これまでの活動でお世話になった方々、県内高等学校の先生方、保護者など多くの方々に参観していただきました。これからも多様な観点からご意見を承り、より一層本校の教育活動を発展させていければと思います。

文化祭が開催されました!

令和5年7月14日(金)、15日(土)に文化祭が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?年ぶりの宮城野祭一般公開!悪天候にも関わらず、来場者2000人超えの大盛況でした!!一般公開開始数分後には、1階廊下が沢山の人で賑わっていて、雨に負けないくらいの活気で溢れていました。各ホームの出し物、ステージ発表など、どれも面白いものばかりで、来場者も生徒も皆、疲れるほど楽しみました。

来年の宮城野祭も絶対最高の文化祭になること間違いなしです!!!最高!!

(26H 情報ボラ) ※以下「ボラ」とはボランティアの略です。

 

 

 

 

 

 

今年は一般公開が無事行われたので、他校の友達を呼んで一緒にまわったり、家族が総出で見に来たりと楽しい文化祭となりました。食品模擬店の売れ行きが非常に好調で、早くも1時間足らずで売り切れになった店もありました。

写真はファッションショーを行ったspiceという団体です。文化祭のファッションショーは宮城野高校の伝統となっています。服に興味のある方は是非、宮城野高校のspiceに入って一緒に文化祭を盛り上げませんか?

(24H 情報ボラ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度は四年ぶりの一般公開である上、飲食も可能でありとても賑わいのある文化祭となりました。

クラスやサークルなどのお店は生徒主体で営業されたため、アイディアが素晴らしい店や、ユニークで面白い店がたくさんありました。

開会式・閉会式は思わぬサプライズがあったり、ダイジェストで文化祭の振り返りを見れたりと、充実したものとなりました。楽しく終われた文化祭ですが、来年度はこれをもっと超えるくらい良い文化祭を創れるといいなと思いました。(23H 情報ボラ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年惜しくも叶わなかった一般公開を、ついに実現できたことが最も大きなことだと思います。食品関係の模擬店も出され、文化祭で食べ物を買って食べている事実をしみじみと感じました。私は文化祭ボランティアチーフという立場でしたが、文化祭はあっという間で、本番の2日間に限らず準備からとても濃い時間を過ごすことができました。仕事上、体育館から出ることができた時間は短かったですが、ダンスや歌唱などのステージ発表も感動するものばかりで、この文化祭をみんなで作り上げることができたのがとても嬉しかったです。(22H 情報ボラ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員ICT研修会を実施

8月1日、2日の両日にロイロノートスクールとGoogleworkspaceの研修会を夏休みを利用して教職員間で行いました。和やかな雰囲気の中でも、生徒がどのように使用することが便利なのか、どのようなことができるのかと、これから変わる教育の場を生徒目線で考えることができました。

体育祭が開催されました!

令和5年5月19日(金)、22日(月)に体育的行事が行われました。

 

 

 

    

 

久しぶりの全校生徒一丸となって取り組む行事とあって、皆が一致団結できる体育祭では選手は勿論のこと応援も外に響く程盛り上がっていました。生徒も先生も一緒になって楽しめる体育祭でした。(24H情報ボラ)  ※以下「ボラ」とはボランティアの略です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         

コロナ緩和に伴い、今年は体育館でも生で観戦することができ、どの会場も歓声で溢れていました。天候により、延期や雨などのハプニングはありましたが、それが気にならないほどの盛り上がりでみんな楽しんでいました。同級生に向かって容赦なく闘う姿や、上の学年に果敢に挑み続ける姿など、白熱した試合ばかりでした。学級旗制作でも競技でも、普段は見れない仲間の姿も見ることができ、ホームの仲も深めることができたと思います。私は体ボラの会計部門のサブチーフとして体育祭に携わり、仕事は簡単ではありませんでしたが、当日の賑わいを見てやってよかったと感じました。改めて、主体的に活動し達成感を得る機会があるのも、宮城野高校の良さだと感じました。とにかく最高の体育祭でした!(22H情報ボラ)

 

令和5年度 宮城野高校 文化祭について

 今年度も生徒が中心となり企画した文化的行事を下記のとおり開催いたします。

 

<日時> 一般公開  7月15日(土)9:45~14:00

<会場> 宮城県宮城野高等学校 教室,体育館,柔剣道場及び中庭等

<内容>【展示発表・販売】文化系サークル,美術科展示,授業内容等
    【パフォーマンス発表】音楽,ダンス,ファッションショー等の発表
    【その他】各ホーム・有志団体による企画,PTA休憩所等

 

※お願い
 ① 来場者用の駐車場はございません。公共交通機関でのご来校をお願いします。また,近隣施設へ駐車しての来校はされませんようお願いいたします。
 ② 来場の際は,屋内用の履き物および外靴入れの持参をお願います。

 

<問い合わせ先>
 文化祭の事前申請等に関するご質問は下記までお問い合わせください。

 宮城野高校 文化祭担当 伊藤・木戸
  電話 022-254-7211
  FAX 022-254-7212

 

1年次「公共」の授業で、模擬裁判を体験しました。

 仙台市弁護士会法教育委員会の弁護士をお招きして、「公共」の授業で模擬裁判を体験しました。法教育の授業で2時間にわたって弁護士が指導にあたるのは県内公立高校で初めてのことです。

 最初に弁護士から裁判についてレクチャーを受けたあと模擬裁判の開廷です。『模擬裁判教材集』(煙山正大編/清水書院)所収の教材事件を用いて、代表生徒に模擬裁判を演じてもらい、他の生徒が裁判官・裁判員となって判決について検討しました。
 

 被告人、裁判官、検察官、弁護士役の生徒たちの白熱の演技を前に、

判決を検討する議論も非常に深みのあるものとなりました。

 


弁護士による事前のレクチャー

模擬裁判の様子

裁判官として情報を整理

 

判決を考察中

令和5年度第1回探究道場 申込フォームの不具合を解消しました

標記の件について、すでに募集を開始しておりましたが、グーグルフォームの設定に不具合があり、応募受付ができない状態となっておりました。現在は不具合が解消されております。ご応募お待ちしております。

令和5年度「第1回探究道場」のご案内

今年度第1回目の「探究道場」のご案内です。

本校の生徒がみなさんと一緒に探究テーマに取り組みます。
中学生のみなさん,ふるってご参加ください。
詳細はこちら(宮城野高校「探究道場」.pdf)をご覧ください。

開催日時:令和5年7月29日(土) 9:45~12:25

場所:宮城県宮城野高等学校

探究テーマ:「 吊り橋」プロジェクト

申し込み受付期間:令和5年6月26日(月)~7月26日(水)まで

申込み方法:下記申込ページからお申し込みください。

      https://forms.gle/Xr3awUpfRNTcGxLe6

 

 

「学問の世界」

6月3日(土)大学の先生方をお招きして授業をしていただく「学問の世界」が行われました。

生徒たちは自分の興味ある学問を選び,学年・クラス関係なく聞きに行きました。

当日の授業は以下の17分野でした。

 

1(芸術①)(舞台芸術・俳優)ACT初めの一歩 2(芸術②)(映画・映像「これからの映像表現」―地域の文化風習から独自性を獲得する  3(文学)川端康成『伊豆の踊子』 

―「私」はなぜ「海苔巻」を食べたのか― 4(歴史学)東南アジアの歴史入門

5(心理学)コミュニケーションの心理学 6(社会学)地域社会学-地域社会について知るには

7(経済学・経営学)先進諸国の経済政策運営とその背景

8(教育学)なんで学校で学ぶの? ~一緒に考えよう~

9(物理学)ちょっとecoな半導体の物理学 10(生物学・農学)送粉をめぐる植物と動物の共生

11(工学)コンピュータの仕組みとスーパーコンピュータ

12(保育)親と暮らせない子と保育     13(栄養学)少子化時代の栄養学

14(医療・看護学)ラジエーションユニバーシティ~診療放射線学科の講義レポート~

15(国際学)フィリピンの女性たち (「東南アジア地域研究」より)

16(事業構想)自由に生きなくちゃいけない時代に、自分を好きになる方法

17(法学・政治学)政治の話をしづらいのは何故か:政治という活動の本性を考える

 

《生徒の感想》

・伝統工芸や東北の伝統とデザインを合わせることで今までに無いような独自性を生み出すことができるとわかりました。

・文学作品の台詞や表現をどのように読み解いていくかを学ぶことができました。『伊豆の踊子』は今度読んでみたいと思います。

・送粉の最初は風で、徐々に昆虫や動物に変わっていったことがわかった。また、花と送粉者には大きな関係があり、それは共進化に繋がるということもわかった。花の形や色によって送粉者が変わるというのにも驚いた。また、受粉して欲しいからこそ、メスを擬態した花や蜜を持たない花があることも知れた。

第29回入学式 240名の新入生を迎えて

今年の春は少し急ぎ足で桜の満開から若葉が芽吹こうとする4月10日に,第29回入学式を芝本PTA会長を初めとして多数の来賓を迎え,盛大に執り行われました。式典では早坂校長から「一人ひとりが輝くをスクールアイデンティティに創造的自由を常に求めるのが本校です。是非、充実した高校生活を送ってください」と入学生に励ましの言葉を贈られました。芝本PTA会長からは「不安なことがあっても先輩や先生が優しくサポートしてくれます。安心して楽しい生活を過ごしてください」と優しい言葉を贈ってくださいました。新入生を代表して古屋さんが「学習が高度になる不安もあるけれど,有意義な高校生活が送れるように努力していきます」という力強い宣誓をされました。最後に,在校生を代表して柿本さんが「宮城野は自分から求めれば何でもできる可能性がある学校。是非,積極的に活動してほしい」と新入生のやる気を喚起してくれるメッセージを贈ってくれました。新入生は数日間のオリエンテーションで学校の雰囲気に慣れていきます。